ビットコインが助けるインターネットギャンブル産業の成長。

情報化社会によるボーダーレスのインターネットギャンブル産業、各国の利権が絡んで、FIAT CURRENCYの中央銀行発行下の貨幣経済ではいろいろ難しかったかもしれませんが、ビットコインでは国際的な決済問題もなくなりやりやすくなるのかもしれま…

プロサッカークラブのICO、他でも進んでいます。

先日ブラジルのセリエBのチームのICOの記事をのせましたが、世界NO1のリーグ、イングランドのプレミアリーグから2チームがICOを検討中というニュースが流れてきました。イギリスの新聞TIMESからの記事です。 www.thetimes.co.uk 今のところ、…

スイスのベルンのカフェで、ライトニングのアプリを使って、仮想通貨で支払い、食べ物を自分でピックアップするスタイルが始まりました。

英語の記事で読める方以外にもどうぞ。注文の仕方と支払い方法の画像があります。 bitcoinist.com ライトニングのネットワークを使って、自分で食べ物を注文して、支払って、自分の指定した場所にとりに行くシステムをスイスのベルンにあるEnergy Kitchenと…

ビットコインチャレンジ、ビットコインの禁止された中国で1日=0.01ビットコインの支払いで暮らせますか?

くだらない記事の紹介と思われるかもしれませんが、こんな挑戦をした中国の女性の話です。 techcrunch.com 記事によりますと、条件は以下でした。 場所 大都市の北京と深圳と広州 条件 1日0.01ビットコインで暮らす。期間は3週間。支払いはすべてビットコイ …

インターネットにアクセスできない40億人のための仮想通貨。

mCoinのご紹介です。ロンドンからのニュースです。 www.africa-newsroom.com 多くの記事でも書かれていますが、ブロックチェーンがアフリカの貧困層の生活を改善すると言われながらその障害となっているのがインターネットへのアクセスができない環境の人が…

出前の支払いをビットコインで、ソウルの数100件のレストランの食事を出前するケイタリング会社が始めました。

英語の読める方はどうぞ。 news.bitcoin.com 記事の内容は題目に書いてある通りで、特別な詳細はありません。 15年程前に、アメリカでよく見かけ始めたサービスを提供する会社です。この会社と提携したレストランの食事を配送会社が取りに行って自宅に配送す…

オーストラリアグレートケッペル島を開発しませんか。

仮想通貨でお金を集めて都市開発をおこなうよくある話ですが、仮想通貨の価格でいいニュースがないので、夢のある話をご紹介します。英語の読める方はどうぞ。NZからのニュースです。 www.nzherald.co.nz オーストラリアのクィーンズランド州に属する小さ…

今年から来年にかけて買うべき現在10ドル以下の仮想通貨TOP5

自己責任ですのでよろしくお願いします。英語を読める方は以下の記事を直接どうぞ。 hackernoon.com 1)NANO ナノは手数料無料でトランザクションが2秒以内で行われます。なぜ、早いのかというと、ブロックチェーンではなくBlock Latticeと呼ばれるシス…

日本、台湾、韓国の提携小売店で、モバイルでの買い物が可能になるようです。

ソフトバンクのモバイル加入者には朗報です。 www.koreatimes.co.kr 韓国のLG Uplusという韓国3番目の携帯会社がブロックチェーンを使ったモバイルでの支払いサービスを来年早々から始めるそうです。 提携会社は韓国のモバイル会社の他、台湾のEasTon…

プロサッカークラブのICO

今後は、世界的な人気チームが自分達のクラブトークンを発行していくのかもしれません。ブラジルからのニュースです。 btcmanager.com 記事はブラジルの2部チーム セリエBに所属するアヴァイFCが世界で最初にクラブのトークンを発行するそうです。 上限は…

フランス政府がICOをおこなうガイドラインを新しい法律で決めました。仮想通貨を使って、経済活性化を行いたいようです。

世界6番目の経済規模のフランスがICOのガイドラインを法律で決めました。 news.bitcoin.com 記事によりますと、マクロン大統領の経済政策の中の一つとして施行されたそうです。法律は、フランスの金融規制委員会(AMF)によって、承認され以下の条件に…

100年たっても、パスワードが失われない方法をDNA分析会社が発明しました。

アメリカのFOXニュースを見ていて、おもしろいニュースがありました。その画像を検索してやっと見つけました。記事ももちろん英語のわかる方は画像の内容をクリックしてみてください。 www.foxbusiness.com FOX NEWSによりますと、パスワードを失…

電力の充電スタンドで充電、支払いを仮想通貨で行う実験が成功し、導入寸前になりました。

まさしく、近未来のライフスタイルですね。オランダからのニュースです。 https://h2020invade.eu/news/successful-iota-testing-in-the-netherlands-charge-your-car-and-pay-securely-without-a-credit-card/ オランダからのニュースです。Elaadというオラ…

モスクワは今、仮想通貨のブームです。

モスクワからのレポートです。英語の読める方はどうぞ。 news.bitcoin.com 記事によりますと、2017年の大幅な価格上昇の影響で現在仮想通貨取引のブームが起こっているそうです。そのブームは90年代にあった、悪名高い外国為替の取引の過熱により、取引を禁…

IMFがマーシャル諸島の仮想通貨発行、ソブリンに反対する理由。今後は?

戦前は日本の委任信託領土、戦後はアメリカの信託領土となって独立したマーシャル諸島の政府に対して、IMFが仮想通貨の発行を反対した記事です。 news.bitcoin.coms英夫が 記事の内容によりますと、IMFがマーシャル諸島の政府発行の仮想通貨ソブリン(以下S…

今度はベンツとポルシェです。アメリカの大手ディーラーが仮想通貨での支払いを受け入れ始めました。

アメリカの大手高級車ディーラーのバーニーモレノ社の話です。 markets.businessinsider.com オハヨウ州のクリーブランドを拠点としている全米大手のバーニーモレノ社は高級車のディーラーです。今回はメルセデスベンツとポルシェ, スポーツカー他の販売をビ…

例え、政府が仮想通貨を禁止しても、人民の需要を止めることはできません。

そんな例が載っていました。英語の読める方はどうぞ。 cryptovest.com 記事によりますと、現在中国政府が仮想通貨とICOを禁止しているにもかかわらず、中国の仮想通貨の保持者たちは、抜け道を考えて、仮想通貨を購買しているという内容です。 中国人はドル…

世界で、最も安定した仮想通貨PAXがニューヨーク金融サービス局のお墨付きで発行されました。

英語の記事を読める方はどうぞ。 ethereumworldnews.com 記事のよりますと、ウィンクルボス兄弟によって、1トークン=1ドルに連動された仮想通貨の発行をニューヨーク金融サービス局(NYFDIC)のお墨付きをえて発行することになったそうです。イーサリアムの…

オーストラリア政府のブロックチェーン政策的活用。

ブロックチェーン仮想通貨の大規模な活用をオーストラリアのスコットモリソン新首相が考えているようです。 www.cryptoglobe.com 記事によりますと、今度首相に任命されたモリス首相は、仮想通貨について自分自身で勉強して、ブロックチェーンを使った政策を…

未来の運転免許所はブロックチェーンで管理されたモバイル提示になるのかもしれません。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州の話です。 www.itnews.com.au 記事によりますと、オーストラリアのNSW州にて、ブロックチェーンを使った変更できない分散化台帳を使って、実験的に自動車免許証を発行し始めたそうです。 実験対象はダボという町の…

アメリカのプロスポーツリーグで、ブロックチェーンを使った新しいファンサービス

世界最高の女子バスケとボールリーグNWBAで導入された新しいファンサービスです。英語の読める方はどうぞ。 www.ccn.coms 最近ICOを行ったスポーツ中継のライブストリーミングをおこなうSportsCastr という会社がNWBAと新しいファンサービスをは…

ロスアンジェルスドジャースのイーサリアムを使ったファンサービス

全米NO1のシーズン観客動員数を誇るドジャースの先進的なサービスですが、これがここ数年であたりまえになるのかもしれません。 英語の記事をどうぞ。 dodgers.mlblogs.com 記事によりますと、9月21日のサンディエゴパドレス戦で、イーサリアムをつかった…

550ビットコインでマルタでお城を買いませんか。

昨日のロールスロイスの続きではありませんが、英語の読める方はどうぞ。 cryptodaily.co.uk 記事によりますと、売り出し中の物件は860㎡の広さを持つ、築400年の豪邸だそうです。 場所は人口50万人以下、イタリアから南に50キロの地中海の島で、…

香港ベースのクリプトドットコムが仮想通貨のデビットカードをを10万枚配布します。

香港の新聞サウスチャイナモーニングポストからの引用のようです。 www.ethnews.com 9月5日の記事で、新規の仮想通貨取り扱い会社クリプトドットコムがドイツのワイヤーカード銀行との共同プロジェクトで、シンガポールで10万枚の仮想通貨に連動したデビ…

仮想通貨ハッキング損害には、ハンファの損害保険

仮想通貨取引所を狙うサイバーアタックによる被害、現在のところは取引所がなんとかして自己資金で支払っていますが、保険会社の損害保険対象外でした。今回、韓国大手の保険会社が取引所用に損害保険の販売をはじめたようです。 news.bitcoin.com 条件はハ…

50ビットコイン払えば、世界のどこに住んでいてもロールスロイスが買えるようになりました。

アメリカのテキサス州ヒューストンにあるロールスロイスのディーラーの話です。 www.thestreet.com テキサス州ヒューストンにあるロールスロイスのディーラーであるポストオークモーター社が50ビットコインをビットペイを通して支払えば、世界中どこにでも…

アフリカで花咲く、ブロックチェーンの技術。

アフリカで、仮想通貨を超えて、ブロックチェーンの技術がこれだけ貢献しています。ケニアからのニュースです。 www.theeastafrican.co.ke 記事にはブロックチェーンの技術が仮想通貨を超えて、以下の分野で現在生活改善を起こしたと書かれています。 教育 …

ビットコインは昨年から46.7%下落しました。では、世界の国の通貨はどうでしょうか。

英語の記事が読めなくても、グラフは見れると思いますので、グラフを確認しながら説明させてください。 btcmanager.com ビットコイン他、仮想通貨の乱高下が常時仮想通貨を否定する人たちからやり玉にあげられます。確かに昨年から46.7%も下がったのな…

雑学です。カリフォルニアで、保釈金は仮想通貨でもOKになりました。

あくまで、雑学です。英語の読める方はどうぞ。 ethereumworldnews.com アメリカのカリフォルニアにある連邦裁判所が仮想通貨での保釈金を受け入れるようになりました。 アブラハムシモンズさんという地方検事が記事のインタビュにこたえています。見解とし…

ドル基軸によるアメリカ中心の国際関係と仮想通貨

最近、私がブログでかいた国際貿易における現状と仮想通貨の現在位置について書いてある記事です。ワシントンタイムスからの引用です。 www.washingtontimes.com 題目はインフレの恐怖による代替通貨の検索で始まっています。 先週、アメリカの連邦準備制度…